L O A D I N G
blog banner

賃貸オフィスを活用すれば、ビジネスの先行投資や維持費が大幅にコストダウン

若手経営者に嬉しい賃貸オフィス

ビジネスパーソンの強い味方と言えば、賃貸オフィスが挙げられます。文字通り賃貸契約を結び、借りられる事務所の事です。実際にビルやオフィスを購入するためには、多額の費用が必要です。大企業や資産家の方々であれば現金一括で購入できますが、まだ駆け出しの若手経営者にとって、先行投資のコストは出来る限り低く抑えたいものです。賃貸オフィスなら、マンスリーマンションのように月々安価な費用を支払うだけでOKです。都内の一等地や駅周辺の利便性の良い立地条件でも、賃貸オフィスなら無理なく借りられます。ランニングコストの面だけではなく、税制面でも賃貸契約の方がお得になりやすく、ビジネスを軌道に乗せるまでは、賃貸オフィスをフル活用し、十分な安定的利益を得られるようになれば、自社ビルを建てるもしくは専用の店舗や事務所を構える、という選択が戦略的です。

賃貸オフィスの選び方について

クライアントや取引企業と頻繁に打ち合わせをする方々であれば、利便性を最優先して賃貸オフィスの場所を選びましょう。電車やバスなど公共交通機関が発達した、アクセスの良い街がオススメです。また海外のクライアントと日常的に商談を重ねる方であれば、空港が近いビジネス街がベストです。一方でECビジネスが中心で、基本的にデスクワークがメインという方々であれば、あえて賃料が格安な郊外の賃貸オフィスを借りてみるのも良い選択です。通常の賃貸物件と同様に、多少不便な物件の方が賃料や維持費が安価であり、ネット回線を通してユーザーやクライアントと意思疎通する程度で充分、という業態であれば、都内にこだわらず田舎のコンパクトな賃貸オフィスを借りて、徹底的にコストダウンを図るのも一つの戦略です。

東京都心にある港区で賃貸事務所を借りたい場合、幅広い物件を取り扱っています。日本有数のビジネス街で、高層ビジネスビルからお手頃な物件まで探すことができます。