L O A D I N G
blog banner

注文住宅において、庭と駐車場は重要なのか?

庭はあるに越したことはない!ただし管理は大変!

注文住宅ではお庭に大きな憧れを持っている人も多いことでしょう。家庭菜園を設けたり、ハーブガーデンを楽しんだりするのも素敵です。お庭があることで心は癒され、またフレッシュな野菜などを頂けば体は潤います。そんな幸せをもたらせてくれる庭ですが、管理は意外と大変なことは頭に入れておかなくてはなりません。まず緑が多ければ、夏から秋にかけて蚊などは発生しやすくなります。そしてほぼ一年を通して雑草との戦いは続きます。「憧れだったお庭は結局コンクリートで埋めてしまった」や「お庭に防草用の砂利を敷くことにした」という話もよく聞こえてきます。憧れだけではなく自分たちの生活スタイルにあっているかどうかを考えてからお庭を検討すると良いでしょう。

駐車場はいる?いらない?

駐車場が自宅のすぐそばにあると、重い買い物をした後やお子様が車で眠ってしまった時などはとても便利です。特に小さいお子様が何人かいる家庭は、マンションの駐車場などと比べるととても使い勝手が良いのではないでしょうか。またリビングなどからみえる場所に駐車場があると、防犯の面でも少し安心感がありますよね。とはいえ、今後カーシェリングの利用を考えている場合や、駅チカなどで利便性の良い場所に住宅を構えられる場合は必ずしも駐車場が必要ではないこともあります。近くに月極めの駐車場が契約できるようであれば戸建でもそちらを利用するというのも一つの方法です。注文住宅を購入すればそのお家とは長いお付き合いになります。1、2年後のイメージはもちろん、10年後にどのような生活をしているのかを具体的にイメージして駐車場についても検討しましょう。

夏は蒸し暑く、冬は寒さが厳しい東海地区の気候に合わせた愛知の注文住宅は、地元でも人気が高いようです。