L O A D I N G
blog banner

多すぎても広すぎても失敗!?注文住宅をつくる際の収納計画のコツ

注文住宅でありがちな収納の失敗

注文住宅を作ったはよいけれど、収納が少なくて片付けられない、スペースが中途半端でデッドスペースができてしまうといったことはよくあることです。収納を作っても、広さやスペースの形によってうまく収納できないといった失敗もよく聞きます。他にも、階段下などのデッドスペースを収納に利用するのは間取りの節約になりますが、照明を付け忘れて暗くてよく見えないなどといった失敗や、ウォーキングクローゼットで広めの収納を作ったのに窓がなくて埃っぽくなってしまう、などといった失敗もあります。

収納は少ないと困りますが、ただ収納スペースをあちらこちらに作るだけでは便利に使えないことがあります。やみくもに収納を増やすのではなく、シチュエーションや生活動線を考慮して作ることが大切です。

注文住宅で収納計画の失敗を防ぐコツ

失敗を防ぐコツは注文住宅の間取りを考える際に、収納についてもしっかり検討することです。どこに何を収納すれば便利か、という点から間取りとともに平面図に書き込んでいきましょう。幅だけではなく奥行にも注意。広さがあれば便利かというとそうでもなく、適度な広さにすることでスペースの節約にもなります。収納にスペースを取られてしまいリビングが狭くなってしまった、ということにならないようにしましょう。

さらに、扉の開く方向や太陽の光が入るかどうか、照明が必要か、風通しはどうか、コンセントは必要か、などといった点も配慮するとよいでしょう。現在の収納に関する不満や要望などを家族で出し合い、それを解消できる収納スペースを確保するようにしましょう。

名古屋の注文住宅は、周辺の市区町村と比べて地価が高いため多額の購入資金が必要となりますが、住宅のデザインだけでなく、交通アクセスや周辺環境などの面でも大きな魅力があります。