L O A D I N G
blog banner

狭い土地を購入した際の理想的な住宅はこれで決まり!

基本的に3階建てを考える

一般的な一戸建て住宅というと、二階建てをイメージする人が多いかもしれません。それなりに土地の広さが確保されている場合は、二階建てでも快適な住空間を演出できます。しかし、土地が高額なため、それほど広い土地を購入できないケースや、その他の理由で狭い土地に一戸建て住宅を建てようとする場合は、二階建てでは快適な住環境は難しくなるでしょう。土地が狭い場合は、三階建てで狭小住宅を建てることによって、快適なマイホームとなります。狭くても三階にすることで、二階を建てるよりも間取りを広くすることができます。単純な計算だとしても、2部屋ぐらいは広めにつくることができます。また、廊下の幅の広さ等も考慮すると良いでしょう。

収納はできるだけ広めに

狭小住宅なので、コンパクトな部屋が基本となりますが、各部屋の収納スペースについては、できるだけ広めにレイアウトを組んでおくと良いでしょう。生活をスタートした段階では、そんなに多くの収納は必要ないかもしれません。しかし、収納を広めに設定することにより、ある程度の年月が経過したとしても、収納が広ければ問題なく色々な荷物を纏めることができます。狭小住宅でレイアウトを組む場合はこのあたりに注意することが大切ですし、今現在の家族構成のことだけではなく、将来的なことも見据えて間取りをイメージすることが大切です。なお、狭小住宅を建てるにあたり、多くの建物を建てている専門業者で、評判の良いところに依頼するのが理想的です。

狭小住宅とは一般的に15坪(50平米)以下の敷地に建てられた住宅のことを指します。建築にあたってはスペースを最大限に有効活用し、狭さを感じさせない工夫を凝らすことが重要になります。