L O A D I N G
blog banner

住宅ローンを変動金利にするか固定金利にするか決める方法

固定にするか変動にするかは永遠のテーマ

マンションや一戸建てなどを購入する際に組むこととなる住宅ローンを決めるときに一番悩むのはどの銀行から借りるかではなく、固定金利にするか変動金利にするかです。変動金利にするか固定金利にするかでやなむ一番のポイントはどちらの方が得かではないでしょうか。しかしこの考え方では一生変動金利にすればいいか固定金利にすればいいかの答えは出ません。どうしてかというと、変動金利の総返済額は誰も正確に導き出すことが出来ないからです。

変動金利の総返済額を導き出そうと思ったならば住宅ローンが完済できるまでの期間の変動金利を正確に出さなければいけませんが、そんなことは不可能です。将来金利はこうなるだろうという憶測は多くの人が立てていますがどれも予想にすぎず、正確な答えを出しているわけではありません。

変動金利にするか固定金利にするかを決める簡単な方法

従ってどちらにするかを考えるときにどちらが得かという考え方をするのはやめましょう。では住宅ローンを変動金利にするか固定金利にするかを決めるにはどこを基準にすればいいのかというと、それは住宅ローンを組んだ後に金利を気にしたいかそうでないかで判断します。住宅ローンを組んだ後も毎年の金利をチェックし、必いようであれば借り換えや固定金利への変更を検討するなどフレキシブルに対応する手間を惜しまないのであれば金利が低い変動金利で住宅ローンを組めば良いでしょう。

一方住宅ローンを組んだ後は金利を気にせず決められた金額をコツコツ返済していきたいというのであれば固定金利を選びましょう。

宇都宮のマンションは物件の数が多いので、築年数や間取り、価格によって自由に選べます。セキュリティ対策に力を入れている物件も多いです。