L O A D I N G
blog banner

賃貸住宅はオーナーとの直接契約?それとも不動産業者の仲介?

オーナーと直接契約する方法

友人や知人が賃貸住宅を所有している場合、オーナーである当事者と直接契約する方法があります。友人や知人を通じて賃貸住宅を紹介してもらうのもよいでしょう。これらの方法では双方に信頼関係が成立しているため、安心して賃貸契約が結べます。また、入居に際して仲介手数料が要らないという金銭的なメリットも大きいですよね。(紹介してもらった人への個人的なお礼は別として)ただし、設備の修理費用などでトラブルが生じたときは、借りた側が不利になるケースも少なくありません。

不動産業者の仲介を利用する方法

こちらの方法で賃貸契約を結ぶと、なんらかのトラブルが発生したときに不動産業者が仲介役になります。そのため、借りた側が一方的に不利になることを防げます。また、自分の条件に合った物件を探してもらえることも不動産業者を仲介するメリットです。ただし、初期費用のなかに不動産業者に支払う仲介手数料がある点が見逃せません。こちらは、家賃の1カ月分+消費税が上限で、貸す側と借りる側の双方が負担することになっています。しかし、借りる側が全額負担のケースも少なくないようです。

自分で納得してから契約しよう

賃貸住宅の契約に際しては、自分で納得してから行うことが大切です。オーナーとの直接契約では、今後の交友関係に支障がないように配慮が必要です。不動産業者を介する場合は、仲介手数料の負担額などを鵜呑みにするのではなく、事前に調べたうえで交渉しましょう。いったん契約して入居すると、新たな物件探しや引越しには多大な労力が生じます。そうならないためにも賃貸住宅探しは慎重にすることをおすすめします。

網走の賃貸は物件の数が多いので、希望の条件を絞れば短時間で見つかります。収入の3分の1以内の家賃を設定して検索すれば、該当する物件がすぐにリストアップされるので効率的です。